MENU

薬剤師は転職でスキルアップして行きましょう

薬剤師が企業に勤めるためには、その企業がどのようなことを中心に事業を行っているかにより、
その求人の内容が変わってきます。

 

新薬の開発を行っているのか、それともサプリメントや化粧品などの、
健康維持のための物を開発しているのか、それぞれにより求められるスキルが変わってくるのです。

 

なので求人においては、どのような知識を持っているかにより、就職できるかどうかが変わってくるのです。

 

こちらで理想の職場をさがしてみては
    ↓

 

企業で新薬の研究や開発を行っている場合には、薬剤師としての専門知識が大きく必要になります。

 

そのため大学院を出ており、博士号や修士号を修得していることが大前提となります。

 

なので研究職に就く場合には、最低でも修士号が必要になり、
博士号を貰って他の人と差をつけることが出来る、などかなり高い知識が必要となるのです。

 

自分にあった職場を探しましょう

 

サプリメントや化粧品の開発などを行っている場合には、新薬の開発ほど高い専門性は必要ありません。

 

薬剤師の資格を持っているだけで、求人においてははるかに有利になることになります。

 

これは薬剤師以外においても、さまざまな資格を持っている人が集まるからです。

 

栄養士や看護師の資格などを持っている人がいます。
その中でも薬剤師は特に知識を持っていると判断されるために、求人においては有利になるのです。

 

こちらは大手からの非公開求人もおおいですよ
     ↓
薬剤師の転職なら薬剤師転職ドットコム







参考サイト
薬剤師は企業に転職できる
全国の薬剤師年収は平均して437万円くらいです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている薬剤師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員薬剤師は給料のアップ率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。

準薬剤師の場合ですと、薬剤師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
薬剤職員の方が仕事で転機だと感じたら、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。
薬剤職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には表に出ていないものもたくさんあります。しかし、薬剤スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、仕事場のカラーといったこともチェックできます。
こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを依頼することも可能です。
薬剤専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。


どういう訳でその勤務場を選んだのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはたやすくはありません。

高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが勤務条件の利点を並べるのに比較して、薬剤師としてスキルアップしたいといった、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが合格へ近づきやすくなります。

高校進学時点で衛生薬剤科に進むと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、薬剤師の資格を得るのが、一番早いでしょう。


ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは大変です。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、準備期間が足りないために試験勉強や実習が不足して合格するのが難しいともいえます。薬剤師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針では定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、生活がとても不規則になってしまったり、過労になりやすいのも、長続きしない薬剤師が多い理由のひとつだと思われます。薬剤師産業薬剤師とは、企業を職場とする薬剤師です。薬剤師といわれると病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。
仕事の内容や役目は勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康維持と健康管理は必ず行う仕事になるでしょう。

薬剤師となるための国家試験は、年に1度あります。

薬剤師の人数の不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年の薬剤師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保ち続けています。薬剤師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできればパスできる試験です。

薬剤専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。

薬剤職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、より良い雇用環境に就くためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報収集するのが安心です。
とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、就職情報が活気付いてくるまで待機すると無駄がないでしょう。


結婚の時に転職をする薬剤師もたくさんいます。
パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職する方が良い選択でしょう。いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職をしておくと生活に余裕ができますね。



ストレスが多くあると子どもができづらくなってしまうので、気をつけましょう。
薬剤師国家試験に受かるよりも、むしろ、薬剤学校を卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。
薬剤学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。

厳しい学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ薬剤師として、現場に出て欲しいですね。

薬剤師の国家試験にパスするよりも、断然、薬剤学校を卒業する方が困難という人も多いです。薬剤学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。

そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも薬剤師の仕事についてほしいものですね。



薬剤師の職場といえば、病院だと思うのが妥当でしょう。



しかしながら、薬剤師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも薬剤師の職務です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大概の医療行為を薬剤師が行います。
薬剤師の勤務状態は、異業種と比較して特殊な体制であり、勤め先によっても異なってきます。職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという勤務先も多いものです。


2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方を求める薬剤師も多いでしょう。薬剤士だと、求人はたくさんありますが、希望と一致する条件の求人があることは少ないでしょう。
薬剤師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。
希望通りの病院などに転職するには、情報の収集が重要になります。

実際、薬剤師専用の転職サイトには、お祝い金があるところが存在しています。

転職をすることで祝い金を出してもらえるなんて得した気分ですよね。ですが、お祝い金を出してもらうための条件を満たしていなければならないことが多いので、事前にしっかりと確認しておくようにする方が損しませんね。
それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方がサービスが良い場合も出てきます。



薬剤スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。

薬剤師向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には出てこない案件も珍しくありません。

一方、薬剤職に特化した人材派遣サイトでは、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。

こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを依頼することも可能です。


薬剤職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。
面接者の評価が良くなければ、薬剤職員不足であるにもかかわらず落とされることもあるでしょう。

良い雇用環境と思われる仕事場は志願者数も多く競争率があがりますので、気を抜かないで万全を期し面接試験に行くようにしてください。
爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、元気にレスポンスすることを心がけてください。将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする薬剤師も世間にはいます。


薬剤師としての腕を上げることで、収入を増やすこともできるでしょう。薬剤師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分が合うと思える職場を探すのは大事なことです。

自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。
他の職業と同様に、薬剤師の場合も何回も転職をしていると悪いイメージにつながるかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRの方法を工夫すれば、意欲的で経験を持っているというイメージをつけることもできますね。とは言っても、勤務の年数があまりにも短いと、採用後、すぐやめると思ってしまう場合もあるでしょう。
薬剤師が転職を考えるきっかけは、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。

女の人が大半を占める職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。

その時、パワハラやイジメが転職しようと考える発端となる人も少なくありません。
大変な環境を耐えて働いてしまうと、健康を害してしまいますので、早く転職することをお勧めします。